朝までぐっすり眠る 方法

あなたは寝つきがよいほうですか?
夜中に何度も目が覚めたりしませんか?
しっかり熟睡できていますか?

 

夜通しぐっすり眠れるというのはとても幸せなことです。

 

よく眠れると朝起きてから頭がぼーっとしたりせず、
身体がシャキッとして仕事や勉強ができますよね。

 

朝までぐっすり眠るための6つの方法

 

1.寝る3時間前までに食事を済ませておく。

食事をするとすぐに胃腸が活発に活動しますので、
寝る前ですと寝つきが悪くなってしまいます。

11時ごろ寝る習慣があれば、8時にはぴったり
飲食をやめるようにしましょう。

 

2.寝る前1時間前にはテレビやパソコンをしない。

消灯してから暗い部屋で携帯を扱っていると、
LEDのまぶしさで余計に寝付けなくなりますので
なるべく使わないようにした方がいいですね。

 

3.照明を暗くしてアロマを炊いたり、静かな音楽をかける。

自分の好きな匂いがするアロマを炊いたり、
癒し系のミュージックをかけると心が落ち着き寝やすくなります。

 

4.昼寝を極力しない。

どうしても眠いときは机の上で10~15分のみ、寝るといいです。

短時間の眠りでも意外と体が軽くなりますし、
逆に1時間ぐらい寝てしまうと後がきつくなりがちです。

 

5.寝具は汗を吸い取りやすく寝やすいものにする。

 

6.カモミールティーを飲む。

寝る前にいろいろ飲むのはよくありませんが、
カモミールティには気分を落ち着かせてくれたり、
寝つきをよくする効果があります。

 

また、枕があっていないと安眠できないので
自分がしっくりいく高さや硬さの枕を選ぶようにしましょう。

不眠と安眠