薄毛 傾向

薄毛になる人の3つの傾向とは?

薄毛で悩んでいる男性は非常に多いです。特に最近では、若い頃から毛髪が少なくなり始める男性も増えています。遺伝が原因で薄毛になる人も多いと言われていますが、その他にも3つの傾向があると言われています。

 

精神的ストレスを抱え込んでいる

最近薄毛に悩んでいる人に共通する傾向として、最も多いと言われているのが精神的にストレスを感じやすいことです。昔であれば、若い頃にストレスを感じることはそれほど多くなく、社会に出てから過度のストレスを感じることが多かったです。そのため、薄毛になり始めるのは社会人になる年齢を超えてからであるケースが多かったです。

 

しかし、今では子供の頃からストレスにさらされた生活を送っているケースも珍しくありません。子供が最もストレスを感じるのは受験です。大学受験や高校受験だけでなく、近年では中学受験や小学校受験を受ける子供が増えています。そのため、昔なら自由に遊んでいた時間も勉強に費やすことになります。そうすると子供は過度のストレスを感じてしまいます。その結果、10代の頃から毛髪に影響が出始めることも多いです。もし顕著に影響が出始めたら、心理カウンセラーに相談すると良いでしょう。

 

偏った食生活

薄毛になりやすい男性は食生活が乱れている傾向があります。脂分の多い肉類ばかりを食べていると毛髪によくないことは有名ですが、最近では食べ方にも問題があることが分かってきました。忙しい人は朝食を抜いたり、場合によっては昼食を抜くことも珍しくはありません。その場合は、常に空腹であるため、食事を行う機会が訪れると過剰に食べてしまう傾向があります。

 

特に晩御飯を大量に食べる人が多いようです。そうすると、消化器官に大きな負荷がかかることになります。一度ぐらいなら大きな影響はありませんが、日常的にそのようなことを行っていると、消化器官が正常に働かなくなります。そうすると、栄養を適切に体内に取り組むことができなくなり、毛髪の生成に使われる栄養分も不足することになります。そのため、毛髪を作れずに、薄毛になってしまうのです。その場合は食生活を早急に改善する必要があります。

 

頭皮ケアに気を使わない

頭部を不潔にしている人は薄毛になりやすい傾向があります。頭部を不潔にしていると頭皮の毛穴が詰まってしまいます。皮脂や埃などで、毛穴が埋まってしまうと、毛髪の成長を大きく阻害することになります。この状態ではいくら育毛剤を使っても毛根には届かないので意味がありません。そのため、育毛剤を使う前に、出来るだけ丁寧に頭皮を洗う必要があります。

 

以上のように、薄毛になる人には3つの傾向がありますので、自分が当てはまっているものがないかチェックしてみましょう。もし、傾向が見られたとしても、早く対応する事により十分改善は可能です。