育毛剤 植毛 比較

育毛剤と自毛植毛を比較するとどっちがお得?

薄毛に悩む人にとっての改善策には大きくわけて2つあります。一つは人工毛や自分の毛髪をハゲている部分に植えこむ「植毛」。そしてもう一つは薄毛になる原因に合った「育毛剤」を使うことです。この2つは全く違った方向性で薄毛に対処しますが、メリット・デメリットを知ることでどちらかを選ぶ時の判断基準になるでしょう。

 

育毛剤と植毛・・それぞれの特徴

植毛は薄毛・ハゲの原因に関係なく毛そのものを頭皮に手術によって植え込みますので、効果は確実です。人工毛ならば植えつけた瞬間から、自毛植毛でも1年ほど経てば必ず毛は成長します。完全にハゲて毛根が死滅していても植毛なら毛を増やすことができるのです。

 

これに対してブブカをはじめとする育毛剤は、自分の薄毛の原因にあった製品を模索する必要があります。ホルモンバランスや血流の悪化、頭皮環境など、薄毛の原因はたくさんあり、これに薬効が当てはまると毛が再生します。ただし、育毛剤の場合は毛根が死滅していれば効果は期待できません。

植毛のメリット・デメリット

植毛は確実に薄毛を改善できますが、デメリットとしては「頭皮環境の悪化」です。人工毛ならば頭皮環境を悪化させて元気な毛根まで死なせてしまうことになります。安全と言われる人工毛でさえ、移植させる毛根株を切除するときに頭皮を傷つけてしまうので、皮膚表面がボコボコとした仕上がりになってしまいます。

 

そしてどちらも薄毛を根本的に解決するものではありませんので、薄毛はどんどんと進んでいき、追加植毛を余儀なくされます。そして、植毛の最大のデメリットは費用の問題です。軽度の薄毛であっても一回の施術に100万円くらい、頭頂部にまで薄毛が進んでいる場合は150万単位で考えなければいけません。

 

前述のように追加植毛をすることを考えると、かなり経済力がある人でなければ、理想のヘアスタイルを維持することができないのです。

 

育毛剤のメリット・デメリット

育毛剤は毛根部の健康を取り戻して髪の成長を促そうとするものなので、根本解決法と言って良いでしょう。ただし、自分の薄毛の原因に合わなければ毛は確実な効果は現れません。しかし育毛剤にはメリットがたくさんあります。まず費用が安く済むことで、1ヶ月で5000円〜10000円ほどで収まります。

 

そして育毛剤を使いはじめる人は必ず「薄毛と頭髪に詳しくなる」ということも軽視できないメリットです。薄毛の要因は頭髪と頭皮だけの問題ではなく、全身の血流やホルモンバランス、ケア方法なども含まれます。ブブカのm-034の血流をよくする成分がその1つです。

 

薄毛の原因を見つけて自分に合う育毛剤を探していく過程で、健康と発毛の両方に詳しくなり、悪い生活習慣を見なおそうとするのです。そして自分に合った育毛剤を見つけ、使い晴れて髪が再生したなら、それは根本解決したことになりますので、いつかは育毛剤を卒業することになります。そのまま正しい生活習慣を保っていればフサフサとした髪も維持できるのです。

 

現代の薄毛治療の進歩も考えてみる

育毛剤と植毛・・この二つは両極端な性質の薄毛対策です。「対処法と根本治療」そして「費用の格差」です。「ハゲは治らない」と言われた時代に登場した植毛ですが、薄毛・ハゲのメカニズムの研究が進んで解明されるに従って植毛の存在価値が薄くなってきていると言えます。

 

これに対して育毛剤・発毛剤の世界は日々進歩して新し有効成分が開発されています。その一つがブブカです。ブブカはミノキシジルに変わるM-034の開発に成功しました。「もう生えない」と諦めずに、育毛剤による薄毛対策を始めるほうが賢明な選択であると言えるでしょう。