育毛剤 発毛剤 養毛剤 違い

育毛剤・発毛剤・養毛剤の違いとは?

最近、急に髪の毛が薄くなってきたな・・・そんな時に使いたくなってくるのが育毛剤・発毛剤・養毛剤です。ほとんどの人は、すべて育毛剤というイメージがあるようですが、厳密に分けると育毛剤・発毛剤・養毛剤の3種類に分けられます。この3種類は適当にわかれているわけではありません。れっきとした違いがあるのです。その違いを見ていきましょう。

 

1) 育毛剤〜成長を促す

最もメジャーと言われている育毛剤。その効果は髪の毛の成長を促すことにあります。頭皮に髪の毛の成長する成分を注入して、髪の毛を成長させます。 含まれている成分は抜け毛予防や、血行をスムーズしてくれるものがあります。

 

特徴的なのは髪の毛の成長を促す点です。髪の毛の細胞分裂を促してくれたり、髪の毛に栄養補給させることで、生き生きとした髪の毛を作る効果があります。多くの人が育毛剤を使っているのが現状です。

 

男性用のものばかりでなく、女性用の育毛剤も販売されています。女性の場合は頭皮が敏感なため、髪の毛を痛めないように作ってあるのが女性用の育毛剤の特徴です。

 

2) 発毛剤〜発毛を促す

発毛剤というのは、発毛を促す効果があります。髪の毛の根元の細胞分裂を活発にして、新しい髪の毛が生えてくるように、成分を注入します。 発毛を促すというだけあって、かなり効果は期待できますが、医薬品に分類されます。刺激がかなり強く、副作用が多いです。値段も高いので、注意して使わなければいけません。

 

最近ではミノキシジルなどの発毛成分が含まれている商品が出回っていて、効果が高い一方で、副作用も多いと報告されています。代替成分としてm-034があり、ブブカをはじめ育毛剤でも効果が高くなってきました。

 

3) 養毛剤〜脱毛をおさえる

育毛剤は、脱毛を抑えるのが主な目的です。抜け毛が増えた場合に、できるだけ髪の毛が抜けないような成分が含まれています。 やさしい栄養成分が含まれていたり、フケやかゆみを抑えたり、頭皮の血行を良くする成分が含まれているのが特徴です。

 

育毛剤を似ていますが、脱毛を抑えるのが目的なだけあって、その効果は穏やかです。 育毛剤・発毛剤・養毛剤の3種類の中で、最も効果の穏やかなものが養毛剤だと覚えておきましょう。髪を生やす目的には向きません。

 

まとめ

頭にかけるものはすべて育毛剤だと思っていたあなた。厳密に言うと、上に説明したように、育毛剤・発毛剤・養毛剤の3種類にわかれます。すべて同じというわけではなく、効果に大きな違いがあります。育毛剤はどの商品を使っても同じなどと思わないで、どのような商品が自分の薄毛に合っているのか、どのような効果を求めているのかを、自分なりに確認しておきましょう。