ブブカ 女性

ブブカを女性が使用しても大丈夫?

脱毛症に効果的な成分「M-034」を主成分として、薄毛改善効果が高く人気のある育毛剤に「ブブカ」があります。市販育毛剤としての歴史が長く、知名度の高い商品です。

 

薄毛の原因は男女で違うために、多くの育毛剤では「男性用」「女性用」などと分類されるものもいくつかありますが、ブブカに関して言えば「男女共用」となっています。ブブカの成分と女性の脱毛症に対してどういった作用があるのかも見てみましょう。

主成分「M-034」はミノキシジルに匹敵する薄毛改善能力

 

脱毛症治療の世界で革新的な変化をもたらせて話題になった「フィナステリド」や「ミノキシジル」は有名ですが、これは医薬品であり、医師や薬剤師の立会いのもとで購入する、副作用の心配をしなければいけない製剤です。

 

高い発毛効果の反面、リスクも同時に受け取らなくてはならないのです。

 

ですので、各化粧品、育毛剤メーカーでは、副作用の心配をしなくてもよい、天然由来の成分の研究が盛んに行われ、そうした状況の中でで発見されたのが「M-034」なのです。

 

M-034とは?
コンブやわかめ、もずくなどの”褐藻”から抽出した自然素材であり、もちろん副作用の心配はありません。しかも、育毛効果はケースによっては、ミノキシジルに匹敵するとも言われ、毛根を包んでいる「外毛根鞘細胞」を劇的に活性化させる薄毛改善能力があると言われています。

化学薬品を一切使わない天然由来の成分

 

女性の頭皮はハードなヘアケアやスタイリング、整髪料の過度の使用などで、男性の頭皮よりも傷みがちで、これが女性形の脱毛症の原因の一つであると言われています。

 

ブブカは化学薬品を一切使わず、すべてが自然素材の原料でつくられていますので、育毛剤を使用することによるさらなるダメージを受ける心配がありません。

 

髪の成長に欠かせない亜鉛やビタミンなどの栄養分と、育毛効果のあるオウゴンエキスなどを32種類源泉して配合されています。

穏やかな性ホルモンに対してのアプローチ

 

脱毛症は性ホルモンのバランスが狂ったことが原因となることがよくあります。男性と女性とではその仕組み少し違いますが、女性の場合は初潮、生理、出産、閉経など、大きく性ホルモンが変化することがあり、その時に薄毛の症状が現れやすいのです。

 

ブブカにはいくつかの性ホルモンの変化による抜け毛に対処する成分(イソフラボン、オウゴンエキス・亜鉛)などが配合されています。

 

同じような脱毛症治療薬の「フィナステリド」は薬効が著しく強く、女性の使用は禁止されていますが、ブブカに配合されている成分はホルモンに対しての影響も穏やかで、副作用の心配もありません。

ノコギリヤシは女性ホルモンを増大してくれる

また勘違いされる成分に「ノコギリヤシ」があります。男性ホルモンを調節する植物として、「男性が使用する」というイメージが強い成分です。

 

しかし、これもあくまで男性ホルモンを”調整”するものであり、決してフィナステリドのように科学的にホルモンを操作したり、強制的に男性ホルモンを減少させる、といったものでもないのです。

 

実際に女性がノコギリヤシを摂取して薄毛が改善されたり、体毛が減るなど、「女性ホルモンが優位になった」ことを示す兆候が現れるのです。
これは過剰な男性ホルモンの分泌をノコギリヤシが調節したためであり、性ホルモンをベストなバランスを保つ作用があると考えられています。

 

ブブカは閉経後の女性の脱毛症に特に効果を発揮します。それは頭皮環境を健康に保ったことで、発毛機能を向上させているからだと考えられています。

 

歳を重ねるとデトックス作用も格段に落ち、化学薬品による健康被害も深刻化します。

 

天然由来成分のみでつくられたブブカは、薄毛と全身の健康の両方を同時に考える方に最適な育毛剤だといえるでしょう。